題目

遠隔操作技術及び核種分析技術を基盤とする俯瞰的廃止措置人材育成

実施機関

  • 東京大学
  • 福島大学(再委託先)
  • 神戸大学(再委託先)

目的

福島第一原子力発電所の廃止措置は、非常に特殊な環境での作業となるため、総合的な学術を俯瞰的に理解し、かつ、専門領域にも通じた人材が必要である。このことから、廃止措置に関する専門的な研究に関する専門家であるだけではなく、廃止措置全体を総合的に俯瞰してリスクを低減できる人材が必須となる。本人材育成事業においては、遠隔操作技術と核種分析技術に関する専門的な研究開発を行うとともに、キャリアパスを考慮した、総合工学としての廃止措置を俯瞰的に理解できる人材を養成することを目的とする。

 

問い合わせ先

廃止措置研究・人材育成等強化プログラム 事務局
東京大学大学院工学系研究科原子力専攻岡本研究室 小松 久子
TEL: 03-5841-6996
E-mail: komatsu@n.t.u-tokyo.ac.jp

 
本事業は、国家課題対応型研究開発事業(英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業)「廃止措置研究・人材育成等強化プログラム」のもとで実施されています。