Robomech2017でOSを行いました

2017年5月12日に、日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2017においてオーガナイズドセッションを開催し、本プログラムから9件の発表を行いました。

OSタイトル:原子力施設廃止措置のためのロボティクス・メカトロニクス

オーガナイザ:田村雄介、淺間一(東京大学)

本プログラムからの発表:

  • 2P1-R01
    田村雄介, 岡本孝司, 鈴木俊一, 淺間一, 太田順, 山本晃生, 山下淳, 福井類, 昆陽雅司, 大野和則, 松野文俊, 高橋隆行, 成瀬継太郎, 鈴木茂和, 横小路泰義, “福島第一原子力発電所の廃止措置のための遠隔操作技術 の開発と人材育成”
  • 2P1-R02
    山本知生, 昆陽雅司, 多田隈建二郎, 田所諭, “空圧駆動形柔軟索状ロボットによる配管内とオープンスペー スの走行”
  • 2P1-R03
    福井類, 安田真理, 金山玄, 割澤伸一, “有人作業が困難な災害現場における作業ロボットのための移動・ 作業用軌道構造体の自動施工システム ― 軌道構造体上を移動するロボットの軸回転動作を実現するモ ジュールの開発”
  • 2P1-R04
    福井類, 金山玄, 加藤裕大, 高橋遼, 割澤伸一, “有人作業が困難な災害現場における作業ロボットのための 移動・作業用軌道構造体の自動施工システム ― 遠隔操作ロボットにより保守可能な分岐モジュールの開 発および保守作業を容易にするコンプライアンス機構の実装”
  • 2P1-R05
    伊藤達真, 白藤翔平, 太田順, “協調による重量物操作をおこなうための小型移動ロボットの開発”
  • 2P1-R06
    金度演, 禹ハンウル, 池勇勳, 田村雄介, 山下淳, 淺間一, “コンプトンカメラを搭載した移動ロボットによ るSLAMを用いた放射線源の位置推定手法の構築”
  • 2P1-R07
    片山雷太, 横小路泰義, 田崎勇一, “動作範囲に制限のあるマスタアームによる直感的遠隔操縦法の検討 ― 第3報 新たなマスタ・スレーブ間の速度マッピング手法についての検証”
  • 2P1-R08
    渡邊悠太, カニエテルイス, 高橋隆行, “原子炉内部調査用ロボットの開発 ― 巻取り可能なサンプリング マニピュレータ機構の試作 ―”
  • 2P1-R09
    阿部文明, 中村啓太, 小川純, 成瀬継太郎, “大型遠隔操縦ロボットのためのHough変換を用いた楕円検出 による対象物把持点の提示”