日時

2016年12月10日(土) 12:50〜17:30

場所

京都大学桂キャンパス C3棟講義室1

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_k.html
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/

プログラム

12:50-13:00岡本 孝司
東京大学 大学院工学系研究科 原子力専攻 教授
プロジェクト代表者挨拶
13:00-14:00宇根崎 博信
京都大学原子炉実験所 教授
京都大学原子炉実験所における廃炉措置関連研究についてPDF資料
14:00-15:00五福 明夫
岡山大学 大学院自然科学研究科 教授
原子力プラントのヒューマンインタフェースPDF資料
15:00-15:15休憩
15:15-16:15岡田 聡
日立GEニュークリア・エナジー株式会社 原子力生産本部 主任技師
廃炉作業に伴うロボット技術の開発と現場適用の状況
Aグループ
16:20-16:55学生発表(神戸大+京大)
16:55-17:30メカトロニクス研究室見学
Bグループ
16:20-16:55メカトロニクス研究室見学
16:55-17:30学生発表(京大+神戸大)
学生発表
早川 智洋
京都大学大学院工学研究科 機械理工学専攻 M2
ロボカップレスキュー 現場を想定したレスキューロボット開発
永柄 孝之
神戸大学大学院工学研究科 機械工学専攻 M2
マスタ・スレーブ型遠隔操縦におけるマスタアームの直感的な操作法の検討

当日の様子


 

参加方法

申し込み

事前申し込みは不要です。当日、受付に名刺をご持参ください(または記帳をお願いいたします)。

参加費

無料

問い合わせ先

廃止措置研究・人材育成等強化プログラム 事務局
東京大学大学院工学系研究科原子力専攻岡本研究室 小松 久子
TEL: 03-5841-6996
E-mail: komatsu@n.t.u-tokyo.ac.jp