Wen WEN, Ph.D.
Department of Precision Engineering, University of Tokyo

 

What's new

  
2018年8月8日準備電位に関する新しい論文がScientific Reportsに掲載されました.
2018年8月1日8月1日付で東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻特任准教授として着任しました.引き続きどうぞよろしくお願い致します.
2018年4月9日UCLで行ったSSVEPの研究をまとめた論文"Enhanced perceptual processing of self-generated motion: Evidence from steady-state visual evoked potentials" (co-authors: Dr. Patrick Haggard, Ms. Elisa Brann, and Dr. Steven Di Costa) がNeuroImage誌に受理されました.
2018年4月5日慶応義塾大学で川畑秀明先生と共同で行った研究をまとめた論文「Impact of Navon-induced global and local processing biases on the acquisition of spatial knowledge」がSAGE Open誌に掲載されました.
2018年1月12日論文"Control changes the way we look at the world"がJournal of Cognitive Neuroscience誌に掲載されました.
2017年7月27日新しい論文「Measurement of the perception of control during continuous movement using electroencephalography」がFrontiers in Human Neuroscience誌に掲載されました
2017年6月23日論文"The influence of performance on action-Effect integration in sense of agency"がConsciousness and Cognition誌に掲載されました.
2017年5月19日"Continuous Estimation of Stress Using Physiological Signals during a Car Race"と題した生理信号によるストレス推定の論文が掲載されました.
2017年4月1日日本学術振興会特別研究員として採用されました.引き続き東京大学とUCLで研究します.
2017年1月27日M2簑原君(淺間研)がMHS2016での発表によりMHS2016 Best Poster Awardを受賞しました.
2016年9月1日UCLに移籍し,Haggard教授のグループで新しい研究を始めました.
2016年8月3日Frontiers in Psychologyに論文"Strength of Intentional Effort Enhances the Sense of Agency"が掲載されました.
2016年6月14日Frontiers in Human Neuroscienceに論文"Goal-Directed Movement Enhances Body Representation Updating"が掲載されました.
2016年5月8日The 1st international symposium on embodied-brain system science (EmboSS2016)でポスターを発表しました.

Copyright © Wen WEN
Last updated: