淺間研究室の研究内容

高齢化,安全・安心などの社会的問題を解決し社会ニーズに応えるためのサービスロボティクス研究,新たな価値を創造するためのサービスロボティクス研究を行っています.

研究テーマの詳細については,サービスロボティクス分野の研究内容のページをご覧ください.

Japanese
サービスロボティクス分野の研究内容(リンク)

高齢者や身体疾患患者の運動支援

日本の高齢者人口は25%を超え,超高齢社会となっています. 高齢になると運動疾患を生じることが増え,社会保障費の増大や介護者,理学療法士などへの負担が増えています. 本研究室は運動疾患を有する人を支援する技術や運動の教示システムの研究開発を目指しております. 実際に運動支援やリハビリテーションをするためには,基礎研究としてヒトが運動を実現するメカニズムを理解することが必要で,それを支援システムに活用することが重要です. 本研究室はヒトの運動メカニズムを解明する基礎研究から,支援技術の開発まで応用研究まで幅広く研究を行っております. Japanese
ヒトの運動支援に関する研究内容(リンク)


主な研究テーマ

基礎研究テーマ(人を知る)

  • 人の行動計測・モデル化
  • 移動知(生物の適応行動メカニズムの理解)
  • 運動主体感
  • ストレス推定

開発研究テーマ(人と接する)

  • サービスロボット
  • 空間知能化
  • センサ情報処理
  • サービス工学
  • ヒューマンインタフェース

応用研究テーマ(人が使う)

  • 介護・リハビリ
  • 災害対応
  • 技能教育
  • 点検・診断・保守